アストンマーチン・ヴァンキッシュ

画像
今日は日付が変わらぬ内に更新です。

タイトルが「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」(画像)と言ってもボルボスキーが増車した訳ではありません。(そんなこたぁ言われなくても分ってるって?)
小店の窓から下を覗いたら隣のブティック前に駐車してました。

ボルボスキーの愛機4台まとめて下取りしてもらっても頭金にすらなりません。(^_^;)
ヴァンキッシュ(下唇を噛んで発音して下さい)、2730まん円(消費税込み)もします。少しは値引きあるのかな?諸経費込みで乗り出し幾らになるのかな?皆目見当付きません。

“ジャンボ”でも当たったら考えますが、そうなったらランボのガヤルドにしようかな、などと戯けた事を妄想してしまいます。

話は変わりますが、MGローバーが破綻してしまいましたね。一時はホンダ、BMWと手を組んで何とかやってたようですが、ミニやランドローバーをよそに持ってかれると売るタマがないですもんね。これこそある意味“焦土作戦”みたいなもんで。

未だに“75”や“TF”だと数もそんなに出なかっただろうし、売れないから新型開発費も工面できず、新型出ないから売れないしの悪循環に陥ってしまったようです。

特に日本国内では販売網があやふやで、ユーザーの信頼を得るまでにならなかったですね。
以前、広島にも大きなローバーディーラーがあって、結構ローバー目にしていたのですが、いつの間にかプジョーになっちゃって。
その経営会社名が「ジャガー広島」と言って、そことは別に「広島ジャガー」と言うジャガーディーラーをやってる所があってとっても複雑です。

「マ○ーの虎」に出てたオートトレーディング・ルフト・ジャパンの南○社長も、この事態を察知して、“ガラクタ”を人に押し付けてさっさと“とんずら”した感がありますね。野生の勘とやらが働いたのでしょうか。

で、件のヴァンキッシュ、どんな方がお乗りなのかと眺めていたら、年の頃20代半ばとお見受けする娘さんが颯爽とお乗り遊ばせておりました。走り去る時のサウンドがまた良かったです。

最近は若い娘さんが“ゲレンデ”などを持てはやし、得意げにお乗りになってますが、
「おめーら、本当に“有り難味”解って乗ってるんかい?」と心の中で叫びつつ、表面上は目を細めて「いい車乗ってるね、いいなー、僕も乗りたいなー」なんて顔をしながら見送っております。

でも、アストンマーチンって英国車なのに、何で左ハンドルなの?

この記事へのコメント

2005年04月19日 20:35
うーん、やっぱりかっこいいです。
そんな車が路駐できる所なんて一体どんなところで商売しているのですか。
ボルボスキーさんのところにはお客さんがクアトロポルテで横付けですか。
ニャンコ
2005年04月19日 22:40
こんばんはです。
クアトロポルテなら私の自宅の近所のマンションの前に、よく路駐してます。なぜかそのマンションの立駐にはTITANを履いたブラックベリーワイン色の960セダンがいたりします。

広島でヴァンキッシュが見られたとはラッキーですね。広島にアストンの販売店ってありましたっけ?広島ジャガーで売ってるんでしょうか。しかし小娘がヴァンキッシュとは。やるなー! アストンっていい音させるんですよね。(いいなー)
しかしわざわざ左ハンドルというのは興ざめですね。並行輸入車なんでしょうか。
2005年04月19日 23:47
v740gleさん、ども。
この近辺は結構珍しい車が通ります。Newクアトロポルテ(ボルボスキーに“ジャンボ”が当たった場合、購入候補車のひとつです)も通ります。ランボのディアブロやハマーH2、ポルシェカイエン、MBのMLクラス、“ゲレンデ”(ボルボスキーはこの呼び方嫌い!Gクラスと言ってくれ!)もよく通ります。
しかし、当店にいらっしゃるお客様は“徒歩”の方が多いと思います。
そう言えば、同じビルに入ってる美容院のオーナーはジャガーXJサルーンに乗ってます。美容院って儲かるんですね。この周りは美容院だらけなのに。
2005年04月19日 23:48
ニャンコ先生(「いなかっぺ大将」みたい)、こんにちは
“ブラベリ”の960はあのリミテッドですな。
まったく小娘にアストンは“豚に真珠”ですわ。ま、病院か不動産屋やってる親の車か、旦那がカープかサンフィレの選手なんでしょう。
しかし、2700万円ですよ!マンションが走ってるようなもんです。“もらい事故”にでも遭ったらどうするんでしょ。そりゃー、音は良かったけど。
広島ジャガーで売ってるんでしょうね。
アストン・マーティンもぶったまげるけど、この前、ベントレーのコンチネンタルGTが走ってるのを見ました。ベントレーじゃ一番安いけど、それでも2000万円以上するらしいですね。広島にも景気のいい御仁がいらっしゃるんだ。
ニャンコ
2005年04月20日 23:12
そう、あのLimitedです。いつか私のものにしてみたいです☆
まあしかし小娘でもアストンにわかって乗っているなら尊敬します。はい。
意外とカーキチかもしれませんよ。
ベントレーはマイバッハの記事にもコメントしましたけど、毎朝うちの近所を走っているようです。回りの車はようわからずに車間空けないで後ろにくっついたりしてますけど、恐ろしいことです。私なら近寄りません。
2005年04月21日 02:15
960Limitedもいいですね。ライトベージュのシートにブラウンのパイピングがお洒落で。
小娘にもレンジローバー位ならまだ好感もてたかもしれませんが、アストン・マーティンほど“人を選ぶ車”はないと思います。もっと落ち着いた人に乗って欲しいな。しかし、どう言っても“やっかみ”にしかなりませんね。
コンチネンタルGTはクライスラー・クロスファイヤーに似てなくもないのでそれ程高い車とは思わないのでしょうか。しかし、発している“オーラ”の量は全然違うと思いますけど。いずれにしても「危うきに近寄らず」でいきましょう。
2005年04月21日 02:26
ベントレーですか。
私は前にならないようにしています。
昔行きつけのガソリンスタンドにふるいのが来ていて。
ブレーキがすぐ止まらないようになっているので必ずスーと走ってから止まると言っていました。
それを聞いてスタンドを出るとき見ていたら、ブレーキランプが点いているのにスーと頭を出していました。回りの車はすぐ止まりますが。
内装はすてきでした。
何でも会社が傾いているひとから有るとまずいので預っていると言っていました。
たまに乗るように言われているので転がしていると。

この記事へのトラックバック

  • アストンマーティン ヴァルキリー V12型エンジン

    Excerpt: ( Aston Martin Valkyrie’s V12 engine ) ちょっと変わりダネではございますが。 まさにモンスターと呼ぶにふさわしい、迫力と豪胆さ、そして緻密さに溢れています。 イギ.. Weblog: CRAFTS DESIGN racked: 2019-03-31 10:15