プジョー307フェリーヌ納車

2ヵ月ほど前なんですがプジョー307フェリーヌが納車されました。

画像

と言ってもボルボスキーのではなく知り合いのです。(^_^;)
納車当日ディーラーに付いて行きました。

納車の模様をオーナーになり代わってご報告致します。(^_^)

グレードは1.6Lの5ドアハッチバックのフェリーヌ。
308が見えてきたのに今さら307?と思われるかもしれませんが、それまで乗っていたVW ゴルフ4の車検も迫り、また、308の発売が来夏だということ、308のガソリンエンジンが1.6LでATも当初は4速のままであること、プラットホームやアクスルが基本的には307からのキャリーオーバーであることなどから熟成された307にしました。

日本国内でも308の発売当初から2L HDi直噴ディーゼルターボ+6速ATが発売されるとアナウンスされているなら308 HDiの発売を待ったかもしれません。

そして、完成度の高いVW車から方向性の違うフランス車プジョーにしたのは、営業担当者のFさんが、広島での同じ販売会社グループ内のVW店からアウディ店に、アウディ店からプジョー店の店長に移られたからです。
このプジョー店、今年6月にプジョー広島としてオープンしたばかりのお店です。
http://volvo.at.webry.info/200704/article_3.html

これまで乗ってきた'98年型VW ゴルフGLi(1.8L)です。
ゴルフ4が新発売されてすぐに購入しましたので初期ロットにありがちなマイナートラブルは一通り経験しております。(~_~;)
右側の“ハンドオーバー・ベイ”にあるのが今回の新車307です。
画像


丸9年間で、113990km走行しました。
さすがはVW車で、内外装はほとんどヤレませんでした。
画像


ショールーム内のハンドオーバー・ベイで取り扱い説明を受けます。
画像


オドメーターはまだ9kmです。
画像


ディーラーからの帰り、MC前の307と並走しました。
メーカーを変えるとなぜか自分が乗っているブランドをよく目にするようになります。
画像


プジョー307の第一印象は、窓が大きく、操作系全般が軽く、エンジン音がとても静かです。
これから更に乗り込んでまたリポート致します。

この記事へのコメント

ニャンコR
2007年11月17日 18:41
フランス車はブレーキタッチが独特なので、慣れるまでがちと大変かもしれませんね。
シートなどの乗り味はいかがなものでしょうか。
2007年11月18日 13:45
プジョーですか。
さすがフランス車本当に国事に違いますよね。
>ゴルフ4が新発売されてすぐに購入しましたので初期ロットにありがちなマイナートラブルは一通り経験しております。(~_~;)
ゴルフの場合はメーカー側の対応が出来ていますがプジョーは・・・
内の場合はかなり昔ですから改善されていると思いますが。
BMに乗っていた弟が外車そんな大変ではないじゃんと。当時CGでこれからは外車スポーツハッチという時期があり、買いました106。
デイラーで購入しましたが・・・
お店が努力してくれてもということが。(-_-)
数年後あっという間にBMに戻りました・
やはり外車はドイツ車に限りますね。
しっかりメーカー側の対応が出来ていますから。
そう思うとボルボもまだまだですね。
ボルボスキー
2007年11月18日 17:20
ニャンコRさん
> フランス車はブレーキタッチが独特なので、・・・
日本車ほど“カックンブレーキ”ではありませんが、サーボが強いのとVWやボルボほど踏み代が深くないので、慣れるまで微調整が難しそうです。

> シートなどの乗り味はいかがなものでしょうか。
仏車と言っても昔ほどフカフカなシートではありませんね。この点はボルボの方が仏車っぽいかもしれません。
でも、何年か前にニャンコRさんと試乗した307初期タイプはシートも硬めで“猫足”を忘れていましたが、現行タイプは本来の仏車に戻ってきているようです。
ボルボスキー
2007年11月18日 17:37
v740gleさん
> ゴルフの場合はメーカー側の対応が出来ていますが・・・
“日本人のドイツ車好き”や製品としての完成度の高さもありますが、この辺りの対応の良し悪しは、一部の超高級高額車を除いて、純輸入車の輸入販売台数と比例しているように思います。なので、VWやMB、BMWの輸入台数上位御三家が不動なのも然もありなんだと思います。

> しっかりメーカー側の対応が出来ていますから。
> そう思うとボルボもまだまだですね。
話題のプ○ョーも、ボルボのPAGIとディーラー間でもめ事があるように、インポーターと一部ディーラー間で同じようなもめ事があるようです。車が売れていれば両当事者共文句は出ないのでしょうけどね。
2007年11月19日 22:31
そんな弟もプジョーの足は好きだったと言っております。(^_^)
いろいろな意味で忘れられない1台だそうです。
デザインの国の車なので、私など着る服が無く恥ずかしくて乗れません。
ボルボスキー
2007年11月20日 17:46
v740gleさん
> いろいろな意味で忘れられない1台だそうです。
短所があっても個性を伸ばそうとするラテン車、付け入る隙のないドイツ車。
これを端的に表すフィルムです。(コピペして見て下さい)
http://www.mercedes-benz.tv/index.html?channelId=7&clipId=38&lang=en&csref=
mbtv_ws_mbtv0107_en_channel_7_38_url
2007年11月21日 01:21
見てしまった。(-_-)
ボルボスキーさんこんなのみたらベンツ欲しくなっちゃいます。(^o^)

ボルボも作ってくれないですかね。
かなりの部分が機械化されて驚いています。
微調整が必要なところとか、人間の触れるところが人が作業しているのが驚きです。
塗装パフかけるんですね、それでこの頃ワックスではなく白いシートになっているのでしょうか。
ボルボスキー
2007年11月21日 21:40
v740gleさん
> こんなのみたらベンツ欲しくなっちゃいます。(^o^)
プロモーションビデオの作りからして完璧ですね。お金も掛かってます。次はCクラスと言う気にさせます。力でグイグイきます。

> ボルボも作ってくれないですかね。
同じような内容でもボルボが作るともっとソフトなものになるでしょうね。

> かなりの部分が機械化されて驚いています。
労働条件の悪い箇所は機械化され、微妙なタッチが必要な箇所は今でも人手が主なんですね。

> 塗装パフかけるんですね、
私も初めて見ました。なので塗装に深みがあるのでしょうね。

> それでこの頃ワックスではなく白いシートに・・・
これは環境問題とリサイクル性の理由からではないでしょうか。
防錆ワックスをスチームで落とした後は作業場所がベタベタになりますし、シートなら剥がしてすぐにリサイクルに回せますので。

この記事へのトラックバック