MBビアノも夏タイヤに交換しました

本日(4日)、MBビアノも夏タイヤにDIY交換しました。

車体、タイヤが重くて今までのどのクルマより大変でした。(~_~;)
画像


車体が大きく、重く、最低地上高が高く、サスペンションのストロークが長いため、ボルボのタイヤ交換に使っている台湾製小型ガレージジャッキでは歯が立たず、車載のパンタグラフジャッキを使用しました。・・・初めの2本は台湾製ジャッキを使ったのですが・・・
ジャッキ用のラチェットレンチが付属しています。
画像


タイヤを付ける際、車載工具に付属のガイドピンを付けないと、タイヤが重いのでホイール穴を合わせるのに苦労します。特に前輪は。
また、ホイールボルトのヘッドが短いので指で仮止めもできません。
画像


リアサスペンション、セミトレーリングアーム先端のゴムの筒がエアサスペンションのエアスプリング(エアバッグ)です。
大型トラック風に言うと1軸に2個のエアスプリングなので「2バッグエアサスペンション」と言うことになります。
画像


フロントサスペンションのタイプは「マクファーソンストラット式」です。
画像


今回の作業の失敗です。(T_T)
先ほどの「初めの2本は台湾製ジャッキを使ったのですが・・・」の結果です。
ジャッキアップポイントを壊してしまいました。
それも、1個目でやめておけばよかったのに2個も。(ーー;)
ジャッキが、ジャッキアップの時うまくスライドしなかったため、ジャッキアップポイントに斜め方向からの力が掛かったようです。
画像


昨日、W639(ビアノ、Vクラス)のエンジンルーム内の燃料ホースのリコールが発表されました。
その対策のため近いうちにヤナセに行こうかと思ってますので、その時にでも部品発注してきます。それか、ありがとう商事に見積り取ってみますか。

5502km時点で夏タイヤに戻しました。今年1月11日に3895kmでスタッドレスタイヤに交換しましたので、3ヵ月で1607km走りました。
画像


ビアノのDIYタイヤ交換は今回で懲りました。(~_~;)
次回からは業者さんにお願いしょうと胆に銘じました。o。(-。-;)ホッ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック