ボルボ240のブレーキフルード漏れ

こういうのを「紺屋の白袴」って言うのでしょうか?

先日、ピアンタ・オートの内田さんのボルボ 240 GLT(LHDの1983年モデルだったかな?)がJAFのセルフローダに載せられピアンタに運び込まれてきました。
画像


22万km以上走破しています。
画像


お知り合いに貸していたところ、駐車場でブレーキペダルがスカスカになっていたそうです。

まるで映画の1シーンのように、ブレーキペダルがクラッチペダルのように床まで踏み抜けてしまいました。
画像


踏み抜けてしまうはずです。ブレーキリザーブタンクにはブレーキフルードが全然入っていません。(@_@;)
画像


もちろん、入れ忘れではなく、全て漏れてしまったのです。

漏洩箇所は、ブレーキのジャンクションブロック(警告バルブ)スイッチのシール部分のようです。
画像

画像


漏れたのが走行中じゃなくて良かったです。
一気に漏れ出てしまう事はないようですが、ブレーキペダルの踏み代やブレーキフルードの液面点検は始業点検として必須です。

余談ですが、この240には、この年式の240では珍しくインパネ上部に940と同様のオーディオが装着されています。
両サイドに取り外しの際の取っ手が付いているところが940用との相違点です。
画像


うちの240も他人事ではないので、次回からブレーキの始業点検はちゃんとしようと思っています。
みなさんも忘れずに。

この記事へのコメント

2008年12月29日 21:20
左ハンドルでサンルーフつき多分並行ものですね。
各四灯が素敵です。
青レンガ
2008年12月30日 08:38
☆ボルボスキーさん☆v740gleさん
ご無沙汰してます。51万9400キロ走行の青レンガです。

内田師匠のマイカーは、帝人時代の希少な「GLT」とお見受けしました。
シートが260系の毛足の長い贅沢なベロア布シートでは?

「紺屋の白袴」のジャンクションブロックは、ブレーキ配管が、タイヤチェーン切れ等で切断されても制動性能を70%保持する、240の売りだったダブルトライアングル配管の中枢機構になっています。

ジャンクションブロックは、ブレーキオイルの油圧変化を中央上部に付いている
スイッチで、ブレーキフェイラーランプを点灯させます。

後期240にABSが付いて、ブレーキ配管は、1系統に変更されています。

2008年12月30日 23:32
青レンガさん今日は。
帝人時代のボルボでしたか。
サンルーフ付きなのでてっきり並行物かと思っていました。
90年に740を購入するとき240と迷いサンルーフつきは無いというのであきらめたので、サンルーフは手動でしょうか。
ボルボスキー
2008年12月31日 00:53
青レンガさん、v740gleさん
青レンガさん、ご無沙汰しておりました。
> 51万9400キロ走行の青レンガです。
着実に距離が伸びてますね。

> 帝人時代の希少な「GLT」とお見受けしました。
そうです。帝人のプレートが付いた正規輸入車です。仕様はまんま北米ですけどね。VINコードが「YV1AX8843D1865***」なので、やはり1983年モデルのようです。

> シートが260系の毛足の長い贅沢なベロア布シートでは?
フロントシートはレカロに換装されてますがリアシートはベロアだったと思います。

> 後期240にABSが付いて、ブレーキ配管は、1系統に変更・・・
ABS未装備の90年以前のモデルはフロントのブレーキホースが片側2本付いてましたが、ABS付きになって1本になりましたね。

> サンルーフは手動でしょうか。
グルグル手回しです。
yoshi240
2010年07月07日 11:41
こんにちは!自分も90年式240なのですが同じ症状になってしまいました。スイッチのシール部分だけ部品で出るのでしょうか?ご存知でしたら教えていただけないでしょうか、宜しくお願いします。
ボルボスキー
2010年07月07日 14:43
yoshi240さん、こんにちは!
いつもROMってばかりでスミマセン。(^_^ゝ)

> スイッチのシール部分だけ部品で出るのでしょうか?
シールだけでもない事はないと思いますが、現在知っている限りではスイッチもセットになった補修キットになるようです。ちなみに部番は272702です。
詳しくはvolvosky55@yahoo.co.jpまで

この記事へのトラックバック