ボルボXC70にバックカメラを取り付けました。

3週間がかりのDIYでXC70にバックカメラを取り付けました。

画像


XC70に装着されているナビは「Pioneer carrozzeria RAKU-NAVI AVIC-HRV22」をベースとしたボルボ純正ディーラーオプションのナビゲーションシステムです。
画像

画像

画像

画像


取り付けたバックカメラユニットは「Pioneer carrozzeria ND-BC6」です。
希望小売価格13,650円(税込)をamazonで9,080円(税・送料込)で購入しました。
画像


カメラ電源ボックスの電源を取るためナビ本体のアクセサリー電源線を辿って行きます。
ナビ本体はラゲッジルーム左側に設置されています。ラゲッジサイドトリム、リア左・中央シートクッション、サイドシルカバー(キッキングプレート、スカッフプレート)を取り外します。
画像

画像

サイドシルのカーペット下にアクセサリー電源の接続部がありました。
画像

被覆テープをはがすと分岐されたメスギボシが出てきましたので、そこにカメラ電源ボックスのオスギボシを接続しました。
ピンクの配線はスピードセンサーの配線です。
画像


カメラの動作確認をします。
ナビ本体後ろ側にあるバックカメラ用メスRCAピンにカメラ電源ユニットから出ているオスRCAピンを接続します。
画像

ナビ本体を固定しているブラケットのボルトにアース線をつなぎます。
画像

ナビの設定を“バックカメラ有り”の状態にセットして、ATセレクターをRにセレクトすると無事映像が映りました。
画像


カメラの動作確認をしたので配線を仕上げます。

配線接続部に被覆テープを巻き、
画像

余ってシートクッション下の遮音インシュレーターの中に丸められていたナビ電源の配線を整理、
画像

ヒューズケースに防音対策を施し、
画像

カメラ電源ボックスを両面テープでベンチレーター上に固定、ナビ本体裏側のケーブル類をコルゲート管に入れバックカメラの電源配線は完成しました。
画像


ここまでの作業は、後日リポート予定の「VICS用ビーコンユニット」と「携帯電話用Bluetoothユニット」の設置と並行して行いました。

さて、バックカメラ取り付け作業の後半、カメラの固定と配線取り回し作業です。

リアゲートのトリムパネルとルーフライナー後端のカバーとDピラートリムカバーを外します。
ルーフライナーカバーとDピラートリムカバーの外し方はココを参考にしてください。
リアゲート下半分のパネルは、両サイドとリアゲートを下ろす時に手を入れる左右のポケット内にあるトルクスビス4本とファスナープラグ8本で固定されています。
トルクスビス4本を外し、パネルを手前に外します。
画像

855や875に比べるととても簡単に外せます。
写真の黄色いプラグがファスナープラグで左右対称に8本あります。
画像

画像

上半分のパネルは白色のファスナープラグ6本で固定されています。プラグの位置は左右対称です。
画像

先代V70(285) & XC70(295)からリアゲートは樹脂製になりました。
画像


ライセンスプレートランプを外して、配線を通す箇所を探しました。
画像

ライセンスプレートランプユニットのナット1個を外し、ユニットを少し浮かして内部を覗くと配線を通せそうな所が見つかりました。
画像

画像

ドリルを使う事なく配線を通す事ができました。
画像

画像


カメラを完全に固定する前に仮留めして固定位置を決めました。
画像

画像


カメラの固定完了です。
画像


カメラ用配線をリアゲートアームを通して車内に引き込みます。
画像

リアゲートアームカバーを外し、防水チューブのテープをはがします。
画像

“通線ワイヤー”に洗剤を塗って滑りをよくして防水チューブの下側から通線ワイヤーを通します。
画像

画像

カプラーから端子を抜いて、通線ワイヤーにビニールテープで固定します。
画像

画像

画像

洗剤を塗って通線ワイヤーを引っ張りカメラ用配線を通します。
画像

被覆テープを巻いて防水します。
画像

リアゲートアームカバーを装着、
画像

カメラ用配線端子をカプラーに戻し、カメラの動作チェックを行いました。
画像

動作確認後、配線に防音処置をしてカメラ用配線の取り回し完了です。
画像

内装のトリムカバー、パネルを元に戻して取り付け作業完了です。
画像


バックカメラがあるとより一層後方確認ができます。
画像

夜間でもよく映ります。
画像


今回のDIYで大活躍した結束テープです。
一般的な電工用ビニールテープより経年によるノリのベタつきが少なく、テンションを掛けながら巻くと密着性がいいようです。
画像

画像


『おまけ』
ボルボ専用ナビだけの事はあります。
ナビ本体はベアリングレールが付いたブラケットに固定され、横に軽くスライドします。
画像

押し込むとロックし、もう一度押し込むとロックが解除されスライドします。
画像

また、リッドヒンジにはダンパーが組み込まれておりゆっくりと開くようになっています。
画像

この記事へのコメント

雪国のQ5野郎
2012年12月07日 20:29
ボルボスキーさん、お久しぶりです。

県北は氷点下近くで、毎日雪がチラホラ・・・。
4WD車の出番がやってまいりました!

バックカメラ、私もカロを付けましたが、何せ雨・雪が降ると、
画面がゆがんでる状態です(笑)

何故かって!
雨しぶきを巻き上げてしまいまして、また凍ってしまうんです・・・・。

Q5では純正品なのでないのですが、X1は社外品カロ、仕方ないですよね(涙)


と言う訳で、これからの寒波に県北で、凍っていきます。(笑)
temple964
2012年12月07日 21:24
大型DIYお疲れ様でしたm(_ _)m
これだけの作業をディーラーにお願いすると
かなりの工賃ですよね(*_*;)
納期が無い分じっくり時間を掛けてできるのが
DIYの強みですね(´∀`)
後は自分の気力と体力のみ!!
かくなる私も内装剥ぐって絶賛DIY中ですが、
思ったように動いてくれず…気力が…(´・ω・`)

>今回のDIYで大活躍した結束テープ
正にamonから“え~もん”が出てたんですね!
この前ハーネス自作したときにこれ使えば良かった(つД`)
ボルボスキー
2012年12月08日 11:15
雪国のQ5野郎さん
> 県北は氷点下近くで、毎日雪がチラホラ・・・。
AWDとスタッドレスタイヤは必需品ですね。

> 雨しぶきを巻き上げてしまいまして、また凍って
空力的にもリアパネルは雨や雪が付着しやすいですからね。
バスやトラックのバックカメラのようにワイパーがあったり、自動開閉のレンズカバーがあればいいですね。

> これからの寒波に県北で、凍っていきます。(笑)
今からが本番です。お互い氷を砕き落とす勢いで冬を乗り切りましょう!
ボルボスキー
2012年12月08日 11:38
temple964さん
> 大型DIYお疲れ様でしたm(_ _)m
“一大スペクタルDIY”でした。(^_^;)

> これだけの作業を
部品販売店やディーラーはよくやりますね。たんまり工賃を頂かないとやってられませんね。

> 時間を掛けてできるのがDIYの強みですね
そうなんです。自分が納得できるまでやれますからね。

> 後は自分の気力と体力のみ!!
狭い車内で変な姿勢で作業しますので結構体中が筋肉痛です。

> 絶賛DIY中ですが、思ったように動いてくれず
実は今回もナビ本体のアクセサリー電源の分岐点を見つけるまで往生しました。
横着してカメラ電源をナビ電源のヒューズ後から取るとモニターが作動しなかったりして、カメラが不良品かと思いました。電流が微妙に違ってくるのでしょうか、原因はいまだに分かりません。

> 正にamonから“え~もん”が出てたんですね!
エーモンは関西の企業ですが、社名の由来もそこから来ているらしいですよ。
通線ワイヤーもエーモンブランドで今回のDIYのもう一つの立役者でした。

> この前ハーネス自作したときにこれ使えば良かった
近くのホームセンターの電工部品やテープコーナーにはなくて車用品のコーナーで見つけました。
エーモンは車に使えそうな部品や工具を各メーカーから集めて小分けして販売するビジネスモデルなので、メーカー品を直に買うよりちょっと割高なのが玉にキズです。でもそれが商売ですからね。
マトン
2012年12月09日 14:56
昔も今も
DIYとは縁がないマトンです(^_^;)

車検も無事に終わりまして、
今月は、納車より2年放置していたウェザーストリップ交換をディーラーにお願いしております。

リヤドア側はセンター部分が千切れていて、
フロント側はボディ側が一部切れてます。
最近は運転席側の水切りモールの劣化で、ガラスの上げ下げの度にビビり音がして、かなり耳障りです(>_<)

フロント側はアメリカから取り寄せ中。
右リヤドア側ウェザーストリップは今日交換。
水切りは年末か年明けに発注しようかなーと思います。

話がそれましたが、
かなり大掛かりな作業になりましたね(^_^;)
お疲れ様でした。
ロシニャンコ
2012年12月10日 07:21
こういうHeavyかつコマゴマした作業は、もうしんどくてできないっス…(´・ω・`)
それにしても、よくこれだけバラせましたね。私はAUDIではできそうにありません。絶対いじり壊しそう。
バックカメラと携帯電話用Bluetoothユニットは便利でしょう!安全確保に非常に役立ちます。

日本がすばらしい国なのは、こういう品質の高い自動車用品がすぐそこで簡単に手に入るからです。外国ではこうはいきません。
ロシアでタクシーに乗り込んだ途端いきなりエンストして(^^;)、運ちゃんが何やらいじくり回して何とか始動したことがありました。どうもセキュリティシステムの配線がシャーシーに接触・ショートしていたためのようでした。満足な配線補助部品が手に入りにくいから、こういうことが起こります。(単に設置作業がてきとーだから、とも言いますが…)
アメリカですら、Autobacksのような総合自動車用品店舗はなかなか見つからない。みな通販です。
日本は品物をその場で手に取って吟味しながら購入できるのです。幸せなことです。
ボルボスキー
2012年12月10日 12:28
マトンさん
> 昔も今もDIYとは縁がないマトンです(^_^;)
えーっ、そうなんですかぁ。

> 納車より2年放置していたウェザーストリップ交換
ウェザーストリップなどのゴム部品もある意味消耗品ですね。
850や870に乗っていた時、よく壊したのがリアドア前部にあるウェザーストリップを押さえるプラスティックのプレートです。
ボルボスキー
2012年12月10日 12:55
ロシニャンコさん
> Heavyかつコマゴマした作業は、もうしんどくてできないっス
だからボルボから降りた?!(^_^;)

> 私はAUDIではできそうにありません。
最近のクルマはDIYできないように作ってますからね。

> バックカメラと携帯電話用Bluetoothユニットは便利でしょう!
バックカメラはリアウインドウ直下の様子が分かるので安心です。ただカメラに頼り過ぎるとボディサイドの確認が疎かになるので要注意です。
携帯電話のBluetoothユニットはとても便利です。一度マッチングすればその後は携帯電話を車内に持ち込むだけでハンズフリー状態になります。

> 品質の高い自動車用品がすぐそこで簡単に手に入る
特に広島は生産拠点や物流拠点が近くにあるので、早いとポチった翌日には自宅に届きます。

> アメリカですら、Autobacksのような総合自動車用品店舗
米国にもNAPAやPep Boys、AUTO ZONEなどの自動車用品店がありますが、品揃えはDIYや修理業者向けです。ボルボスキーとしてはこっちの方がいいんですがね。
日本のABやYHにはあまり欲しい物が売ってません。

この記事へのトラックバック