ボルボXC70のヘッドライト磨き Part 2

今年6月にも磨いたのですが、最近またクスミが目立ってきていました。

画像


今回使用した「WILLSON ヘッドライトクリア」です。
画像

画像


施工前です。
画像

画像


養生テープでマスキングし、
画像

研磨用クロスにクリーナーを付け擦るように磨いていきます。
画像

タオルで仕上げ拭きします。
画像


どうしてもロービーム上の“メレメレ”が取れませんでした。
画像

画像

画像


右ヘッドライトです。
画像

画像

画像

画像

画像


完全にはクスミは取れませんでした。次回は前回のようにコンパウンドで磨いたあとに今回使ったクリーナーを使ってみようと思います。

この記事へのコメント

ロシニャンコ
2012年12月15日 17:27
うーん、磨いても樹脂そのものが紫外線でダメージを受け続けるわけですから、また半年後にくすんでくるのでは。
磨いたあと、K村さんに例の液体借りてフッ素コートしてみてはいかが?
マトン
2012年12月15日 21:39
むむむ・・・・
短期間でクスミが復活するとは(>_<)
ヘッドレンズも素材が変わってからというもの、消耗部品化してきましたねえ。

見てて面倒な作業ナリ(^_^;)
ボルボスキー
2012年12月18日 00:27
ロシニャンコさん
> フッ素コートしてみてはいかが?
次回、メラミンスポンジ(商品名:マジックスポンジ)とコンパウンド、ヘッドライトクリーナーで磨いてK村さんにいただいたフッ素コートしてみようと思います。
ロシニャンコさんのA3もあと何年かすると同じようになるかもですよ。(~_~;) なんせグループ会社のVW製パサートやボーラ、ゴルフ、ポロはライトがくすんだのが結構ありますからね。
ボルボスキー
2012年12月18日 00:34
マトンさん
> 消耗部品化してきましたねえ。
ヘッドライトレンズはまさに消耗部品です。しかし、消耗部品ならレンズだけ安く販売して、簡単に交換できるようにしてもらいたいですね。
ボディーがピカピカでもヘッドライトが曇っているとやけにくたびれて見えますからね。
それで新車に買い替えさせるのが今の自動車メーカーのビジネスモデルなんでしょうけどね。
ガラス製ヘッドライトレンズのクルマは手放せません。
ロシニャンコ
2012年12月18日 23:38
私のA3がくすんだら、同じくコンパウンド磨き&フッ素コートで逃げます(^^;)
あるいはアットクリエイトでヘッドライトクリーン&コートやってもらうかも…
ボルボスキー
2012年12月19日 11:05
ロシニャンコさん
> アットクリエイトでヘッドライトクリーン&コート
ま、最後はプロにやってもらえばどうにでもなりますね。
実はうちには左右ヘッドライトの上物中古がありますので最終的には交換しようかと思っています。

この記事へのトラックバック