「VolvoLife 八ヶ岳・清里オフ2015」広島に帰着して

八ヶ岳・清里オフから広島に帰って来てボルボ240に給油と洗車をしました。

画像


まずは給油。
画像

画像

画像

画像


諏訪~広島+市内走行で、698.7km走行しハイオクガソリンを50.60L給油しましたので帰路の燃費は13.81km/Lの好データをマークしました。
好天の中、70~80km/hで巡航したのが好結果をもたらしたのだと思います。

今回の遠征では合計1521km走行し119.80L給油しましたので、総合燃費は12.7km/Lになりました。

給油後、洗車しました。
画像

ワックスが効いているので、洗車機のブロアでも水切れがとても良かったです。
画像


画像


ボディカバーを被って再び暫しの夏眠に入りました。
画像


『「VolvoLife 八ヶ岳・清里オフ2015」』~完~

この記事へのコメント

マトン
2015年07月23日 19:35
ボルボスキーさんに質問です。
(*_*;

某ボルボ240専門店の
アドバイザーのブログからコピりましたが、

■ボルボ240を長期乗らずに保管する場合・・・

①タンクの内側に水が凝縮したりしないよう、燃料は満タンにしておく
②保管場所は乾燥した風通しの良い場所
③ワイパーなどはウィンドウから離しておく
④ウィンドウのどこか一つを少し開けて通風するようにする
⑤バッテリーはマイナス端子を取っておくと放電しません

①はボルボスキーさん的には
正しいアドバイスだと思いますか?

確かスチールタンクだから
余りガソリン入れたままでも
錆びてヤバいと思うんですが。

ご意見お待ちしております(笑)
ボルボスキー
2015年07月27日 00:55
マトンさん
> 正しいアドバイスだと思いますか?
これに関しては諸説ありますね。
満タンにしてもガソリンは蒸発するのでその内に満タンじゃなくなるとか、ガソリンは1ヶ月もすると酸化し、段々とゼリー状になるとか・・・

小型飛行機のようにタンクの下に水抜きがあってバルブをひねればすぐに水抜きできるようになっていればいいですね。

うちの240は乗ったり乗らなかったりしてますが、“夏眠”する時も燃料タンクを満タンでとか空っぽでとかはあまり気にしていません。
以前、燃料タンクを交換した時に古いタンクの中を覗きましたが錆が出ている事はありませんでした。
http://volvo.at.webry.info/200907/article_9.html
マトン
2015年07月28日 23:15
ボルボスキーさん、

参考になるご意見、有難うございますた。
(*^^*)
またよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック