覆面パトカーのアクリル板

「覆面パトカーのアクリル板」と言っても以前高速隊のパトカーのボンネットに装着されていたバグガードではありません。

10月に広島ローカルのTVニュース番組で放送された『県警高速隊に密着!』内で、覆面パトカーがスピード違反対象車を追尾して速度測定する際、ドライバーの警察官がサンバイザー状のマス目が入ったアクリル板を下ろしたのです。
画像


アクリル板の線に対象車を合わせて車間距離を一定に保つための「照準」と思われます。
画像




おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック