MB V220dのリコール対策を行いました。

10月25日(木曜日)にV220dのリコール対策を行いました。

V220dなのでヤナセ広島支店(メルセデス・ベンツ広島祇園)で施工しました。
画像


15,074km走行時点です。
画像


3件のリコール対策を施工するのに3時間は掛かりそうなので、代車をお借りしました。
今回はB180です。
画像


画像


「ヤナセ管理車両ステッカー」付きです。
画像


今年8月終わりに初度登録されたばかりで1,400kmしか走っていませんでした。
画像


我が家前は暫しこの状態に
画像


さて、これは何でしょうか?
画像


画像


答え:キーレスゴーのプッシュエンジンスタート/ストップボタンです。
ただのボタンなのに7,000円弱もします。
画像


ボタンの中にトランスポンダが内蔵されているわけではないので、ほかのプッシュエンジンスタート/ストップ機能搭載車でも使用できます。ただし、その車両の電子キーを携行していないとエンジンは掛かりません。
画像


通常の電子キーでもエンジンスタート/ストップ可能です。
画像


13時半に預けて、17時過ぎに引き取りに出向きました。
画像


お借りしたB180で30km弱走りました。
画像


ショールームに入る前に展示車を見学
画像


新型CLS 220dです。
画像


Mercedes-AMG C 43 4MATICです。
画像


サーティファイドカーセンターを見学
画像


欲しいのがありました。
画像


画像


画像


画像


多くのオールドタイマーが整備に入庫しているのもヤナセの特徴です。
画像


画像


画像


画像


画像


梁瀬が新車販売したボルボ・アマゾンです。初度ナンバー付きです。
画像


今回施工した3件分のリコール対策済みステッカーです。
画像


リコールの内容はコチラを参照してください。
「外No.2686」
「外No.2716」
「外No.2721」

助手席に乗員がいなかったり、助手席にMB純正チャイルドシートを設置すると点灯する「助手席エアバッグオフインジケーター」、今まで点灯してたっけ!?
画像


平常運転に戻りました。
画像


おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック