E320のエンジンマウント交換の見積りを取りました。

11月に入り寒くなった頃からメルセデス・ベンツ E320 CDIが、冷間時にDレンジに入れブレーキペダルを踏んで停車している時にエンジン&ミッションマウントの劣化によるものと思われる振動と異音を発するようになりました。

E320 CDIのエンジン&ミッションマウントの寿命は10年または10万kmと言われていますから、9年で10万kmを越したので寿命に達したものと思われます。

そこでヤナセ矢野支店(メルセデス・ベンツ広島矢野)で部品と工賃の見積りを取りました。
画像


画像


新車のCLSです。売れているんですね。
画像


ショールームにもCLSとCLAが展示されていました。
画像


画像


画像


さて、その見積書です。10万円弱です。
画像


E320 CDIのエンジンマウント交換の際、右バンクにある触媒コンバーター(キャタリックコンバーター or キャタライザー)を外さなくてはならず、その工賃や触媒コンバーターのクランプやガスケットなどのショートパーツの費用がかさみます。

少しでも費用を抑えるためにエンジン&ミッションマウントはメルセデス・ベンツ純正品を海外から調達して持ち込ませていただく事にしました。

おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック