初代ホンダ・シビックに遭遇しました。 2019年4月22日

広島市内の国道54号線で初代ホンダ・シビック CVCCに遭遇しました。

1975年ごろの「51年排出ガス規制」に適合した1.5L CVCCエンジンを搭載したGTLです。
「広島 58」の“フルナン”付きで、封緘も細い旧タイプのものです。
画像


バックミラーの鏡像です。
画像


画像


ホンダディーラーの前で
画像


ドライブレコーダーのリアカメラの映像からキャプチャーしました。
画像


画像


新車時の広報資料の写真です。
画像


動画です。



おしまい。

この記事へのコメント

青レンガ
2019年04月23日 20:40
ご無沙汰しております。

シビック懐かしい~です

学生時代プールのライフガードのアルバイトで稼いで、新車のGL仕様69万円の頭金にして、紺色を購入して、コスミックのアルミホィールにミシュランのXASに、履き替えてました。その後ダート走行に目覚めてラリー仕様にしてました。

遭遇されたのは、排ガス規制のCVCCエンジン仕様の様ですネ
ボンボン
2019年04月26日 02:06
青レンガさん、お久しぶりです。

初代シビックGLはよく走っていましたね。
オレンジ色のRS(ロードセーリング)は憧れでした。

その頃のホンダ車は耐久性云々言われていましたが、このGTLはよくぞ今日まで生き延びてきたなと思います。

現行シビックはかなり大型化・高価格化され最早ベーシックカーの面影はありませんね。
ホンダには軽自動車ではなく、初代シビックのようなベーシックカーを作っていただきたいと思います。

この記事へのトラックバック