ルノー・カングーのドライブレコーダーを換装しました。

カングーのドライブレコーダーを換装しました。

交換後です。
KangooDrive Recorder GDR33J01.JPG

今回取り付けたのは以前、メルセデス・ベンツE320CDIで使っていた2014年製のGARMIN GDR33Jです。
KangooDrive Recorder GDR33J04.JPG

これまではKENWOOD DRV-340が付いていましたが、映像の白い部分が紫色になったり音声が記録出来なくなってしまいました。
KangooDrive Recorder GDR33J02.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J03.JPG

ナビのFM-VICS用アンテナの敷設し直しと併せて電源をヒューズボックスから取ることにしました。
KangooDrive Recorder GDR33J05.JPG

Aピラートリムカバーの裏側です。
KangooDrive Recorder GDR33J06.JPG

運転席からの視界の邪魔にならず、ウインドウガラスセンサーのカバーが映り込まず、ワイパーが払拭する範囲内でドラレコを設置する位置を決めました。
KangooDrive Recorder GDR33J07.JPG

シガライターソケットから電源を取っていたKENWOOD DRV-340の電源ケーブルを挿し込んで画像を見ながら位置決めしました。
KangooDrive Recorder GDR33J08.JPG

GARMIN GDR33Jを固定し、電源線を敷設しました。
KangooDrive Recorder GDR33J09.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J10.JPG

カングーのヒューズボックスはダッシュボード左側グローブボックス内にあって、アクセサリー電源を取るには絶好の場所にあります。
KangooDrive Recorder GDR33J13.JPG

アクセサリー電源(シガライターソケット)のヒューズは一番下の一番左と左から3番目です。
KangooDrive Recorder GDR33J11.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J12.JPG

電源取り出しに使用した「エーモン ミニ平型ヒューズ電源 10A」です。
KangooDrive Recorder GDR33J15.JPG

ロック付きソケットのプラス側にオスギボシ、マイナス(アース)側にクワ型端子を圧着しました。
KangooDrive Recorder GDR33J14.JPG

電源取り出しヒューズのリード線が出ている端子側をヒューズソケットの電源側(上流側)になるよう挿し込みました。
KangooDrive Recorder GDR33J16.JPG

プラス側を結線し、アースを取りました。
KangooDrive Recorder GDR33J17.JPG

ケーブル類をまとめて、防振・防音用に隙間テープを巻きました。
KangooDrive Recorder GDR33J18.JPG

ケーブル類はダッシュボード左端の隙間に入れ込みました。
KangooDrive Recorder GDR33J19.JPG

グローブボックス内にあるヒューズボックス
KangooDrive Recorder GDR33J20.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J21.JPG

Aピラートリムカバーやダッシュボード左端のパネル、ウェザーストリップを戻して作業完了です。
KangooDrive Recorder GDR33J22.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J23.JPG

GARMIN GDR33Jのソフトウェアを2019年1月のVer.4.00にアップデイトしました。
KangooDrive Recorder GDR33J24.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J25.JPG

KangooDrive Recorder GDR33J26.JPG

ルノー・カングーIIに取り付けたドライブレコーダー Drive Recorder GARMIN GDR33Jの映像


おしまい。

この記事へのコメント