メルセデス・ベンツ 後期W211 Eクラスのメンテナンス・インジケーターのリセット方法

最近、2009年型 E320CDIのメンテナンス・インジケーターが点検整備を促してきます。

E320Maintenance Indicator01.JPG

2019年5月16日に車検半年後の「アルファプラスチェック」を受け、その際にメンテナンス・インジケーターをリセットしてもらいましたが、それから365日近くになったということです。

本来は指示に従い点検整備を受けた方がいいのでしょうけど、今年9月が車検なのでとりあえずメンテナンス・インジケーターをリセットしました。

では、後期W211 Eクラスのメンテナンス・インジケーターのリセット方法です。

E320Maintenance Indicator00.JPG

エンジンキーを挿し込み、
E320Maintenance Indicator02.JPG

エンジンスイッチを1段(アクセサリーポジションまで)まわします。
E320Maintenance Indicator03.jpg

マルチファンクションディスプレイにデジタル速度計を表示させます。
E320Maintenance Indicator04.JPG

メーターパネルのメーター照度調節ノブ/リセットボタンを3回押します。
E320Maintenance Indicator05.jpg

ディスプレイにバッテリーの電圧が表示されます。
E320Maintenance Indicator06.JPG

ステアリングスイッチの左上段の「⇩」を1回押します。
E320Maintenance Indicator07.jpg

E320Maintenance Indicator08.jpg

「メインテナンス メニュー」が表示されます。
E320Maintenance Indicator09.JPG

ステアリングスイッチの右上段の「-」を3回押し、
E320Maintenance Indicator10.jpg

E320Maintenance Indicator11.jpg

カーソルを「カクニン」に合わせます。
E320Maintenance Indicator12.JPG

ステアリングスイッチの左下段の「表示切替スイッチ右」を1回押します。
E320Maintenance Indicator13.jpg

E320Maintenance Indicator14.jpg

「カクニン」画面が表示、
「フルメインテナンス」にカーソルがあることを確認して、
E320Maintenance Indicator15.JPG

ステアリングスイッチの左下段の「表示切替スイッチ右」を1回押します。
E320Maintenance Indicator16.jpg

E320Maintenance Indicator17.jpg

これでメンテナンス・インジケーターがリセットされ、(1万kmまたは1.5万km、365日)
「メインテナンス カクニン シマシタ」と表示されます。
E320Maintenance Indicator18.JPG

一旦、エンジンスイッチをOFFポジションに戻してからエンジンを始動させてリセットされたか確認します。
E320Maintenance Indicator19.JPG

このリセット方法はW211後期モデルのもので、W211前期モデルはやり方が違います。

おしまい。

この記事へのコメント