プジョー207にドライブレコーダーを取り付けました。

プジョー207商品化第三弾?!

P207Drive Recorder GDR33J00.JPG

ドライブレコーダーを取り付けました。

装着後
P207Drive Recorder GDR33J01.JPG

今回取り付けたのは以前、ボルボ240で使っていた2014年製のGARMIN GDR33Jです。
P207Drive Recorder GDR33J02.JPG

まずは検査標章(車検ステッカー)の移動です。
P207Drive Recorder GDR33J03.JPG

水を含んだペーパーウエスで湿らせて、
P207Drive Recorder GDR33J04.JPG

慎重に剥がして、
P207Drive Recorder GDR33J05.JPG

貼り直しました。
P207Drive Recorder GDR33J06.JPG

次にドライブレコーダー本体の設置です。

シガーライターソケットから給電して画面を見ながら貼り付けました。
P207Drive Recorder GDR33J07.JPG

P207Drive Recorder GDR33J08.JPG

配線ルートのAピラートリムカバー横のウエザーストリップを外しました。
P207Drive Recorder GDR33J09.JPG

Aピラートリムカバーを外しました。
P207Drive Recorder GDR33J10.JPG

Aピラートリムカバーの裏側です。
3ヶ所の樹脂ロックで固定されています。
P207Drive Recorder GDR33J11.JPG

グローブボックス横のヒューズ・カプラー・OBDボックスです。
P207Drive Recorder GDR33J12.JPG

P207Drive Recorder GDR33J13.JPG

今回も「ヒューズ電源」を使ってシガーライターソケットのヒューズから電源を取るプランで、ドラレコの電源ケーブルをヒューズプレート近くまで敷設しました。
P207Drive Recorder GDR33J23.JPG

P207Drive Recorder GDR33J14.JPG

P207Drive Recorder GDR33J15.JPG

ドラレコの電源ケーブルをドラレコに接続して、Aピラーのケーブルホルダーに通しました。
P207Drive Recorder GDR33J16.JPG

ダッシュボードアンダーカバーを外しました。
P207Drive Recorder GDR33J17.JPG

この際、ドアシルプレートを外しましたが、意味なかったです。(^_^;)
P207Drive Recorder GDR33J18.JPG

参考までに、ドアシルプレートを外す時はセンターピラー下側のパネルを先に外します。パネルは3本の樹脂プラグで固定されています。
P207Drive Recorder GDR33J19.JPG

センターピラー下側パネルの下にドアシルプレートの固定ビスが1本あります。
P207Drive Recorder GDR33J20.JPG

グローブボックスを外しました。ボックス内に2本、ボックス下部に3本のT20 トルクスビスとボックス上部の金属プラグ2本で固定されています。
ボックスを降ろす時にボックス内照明ユニットと助手席エアバッグON-OFFスイッチのカプラー、OBDソケットを外します。
P207Drive Recorder GDR33J21.JPG

P207Drive Recorder GDR33J22.JPG

ヒューズの左から6番目、F9がシガーライターソケットの30Aヒューズです。
テスターで電源側(上流側)を調べます。
P207Drive Recorder GDR33J24.JPG

電源側にリード線側の端子が向くようにミニ平型ヒューズを挿し込みます。
P207Drive Recorder GDR33J25.JPG

P207Drive Recorder GDR33J26.JPG

これで配線完了! と思ったら、シガーライターソケットヒューズは常時通電されており、エンジンキーを抜いてドアロックして30分以上経ってもドラレコがOFFになりません。
左二つの30Aヒューズも常時通電でヒューズからの給電は諦めて、シガーライターソケット(ソケット自体はACC電源)裏から電源を取ることにしました。

ATセレクター周りのトリムを外して、センターコンソールのパネルを外します。
P207Drive Recorder GDR33J27.JPG

センターコンソールパネルは3本の金属プラグ(1本は欠損)で固定されています。
P207Drive Recorder GDR33J28.JPG

リード線にメスギボシを付けて接続し、センターコンソールまで配線しました。
P207Drive Recorder GDR33J29.JPG

シガーライターソケットのカプラーです。
P207Drive Recorder GDR33J30.JPG

水色と紫色がプラス、黄緑がマイナス(アース)です。
P207Drive Recorder GDR33J31.JPG

赤色のリード線をインスタントタップコネクターで水色のプラス線と接続しました。
P207Drive Recorder GDR33J32.JPG

これでドラレコにACC電源が取れました。

パネル類を元に戻して作業完了です。
P207Drive Recorder GDR33J33.JPG

P207Drive Recorder GDR33J34.JPG

プジョー207に取り付けたドライブレコーダー Dash_Cam GARMIN_GDR33Jの映像


ドラレコ本体を取り付けたのが助手席側ですが、雨の時に使ってみて、運転席側ワイパーの拭き取った水滴がドラレコ前に飛び散ることがあります。
P207Drive Recorder GDR33J35.JPG

P207Drive Recorder GDR33J36.JPG

P207Drive Recorder GDR33J37.JPG

プジョー207に取り付けたドライブレコーダー Dash_Cam GARMIN_GDR33Jの雨中の映像


運転席側に取り付けた方が良かったかもしれません。


おしまい。

この記事へのコメント