プジョー207のエアコンコンプレッサーを交換しました。

207のエアコンコンプレッサーをプジョー広島で交換しました。

P207AC_Compressor2020071101.JPG

207のコンプレッサーは矢印の下にあります。
エキゾーストマニホールドやエキゾーストパイプの近くにあって、エンジンが冷えている時に交換しないと火傷しそうです。
P207AC_Compressor2020071102.jpg

207のコンプレッサーが不調になり、プジョー広島で修理見積りを取ったことは先日お伝えしました。

いろいろと検討した結果、コンプレッサーを自己調達して、最近お世話になっている整備工場で交換してもらうことにしました。

207に装着されているコンプレッサーはPSA純正のサンデン(SANDEN)社のフランス製でした。
方々探すとSANDEN製のOEM品が見つかり早速注文しました。

てっきり、日本製かフランス製のSANDENコンプレッサーが送られて来るものと思っていたのですが・・・

すぐに届き、開梱すると・・・驚愕の事実が!
P207AC_Compressor2020071103.JPG

P207AC_Compressor2020071104.JPG

P207AC_Compressor2020071105.JPG

な、なんと、たしかにSANDENブランドではありましたが、日本のサンデンからは遠い関係の「上海三電汽車空調有限公司」の大陸中華製ではありませんか!
P207AC_Compressor2020071106.JPG

最近、207用に購入した大陸中華製パワーウインドウスイッチやシフトノブで痛い目に遭っているので、販売した業者に事情を説明し、返品・返金していただくことになりました。

下心を出してOEM品を自己調達したことを正直に話し、プジョー広島で全てお任せすることに相成りました。
P207AC_Compressor2020071107.JPG

その日の内に出来上がるのでしたが、代車をお借りして一晩預けました。

お借りした208です。この208は以前308に乗っていた時に代車でお借りしたことがあります。
P207AC_Compressor2020071125.JPG

交換されたコンプレッサーです。
P207AC_Compressor2020071108.JPG

PSA純正です。
部品番号が装着されていたコンプレッサーの部品番号から変更されています。
P207AC_Compressor2020071109.JPG

欧州では代替フロンがR134aからR1234yfに変わりつつあるようです。
P207AC_Compressor2020071110.JPG

P207AC_Compressor2020071111.JPG

P207AC_Compressor2020071112.JPG

プーリーのマグネットクラッチです。
P207AC_Compressor2020071113.JPG

正常に作動しています。
P207AC_Compressor2020071114.JPG

マグネットクラッチがつながりエアコンのコンプレッサーが作動する様子


初度登録から9年7ヶ月、88,338km走行時点での交換でした。
P207AC_Compressor2020071115.JPG

総費用、部品・交換工賃合わせて108,350円は見積りから変わりませんでした。
P207AC_Compressor2020071116.jpg

と、目出度し目出度しなのですが、帰宅してエンジンルームを見ると、エンジンカバーの上にナットが1個!?
P207AC_Compressor2020071117.JPG

P207AC_Compressor2020071118.JPG

エアコンの高圧パイプ、低圧パイプをコンプレッサーに固定するビスかと思いますが、両方とも付いていましたので、問題ないかと思われます。
P207AC_Compressor2020071119.JPG

取り外された既存のコンプレッサーです。
P207AC_Compressor2020071120.JPG

P207AC_Compressor2020071121.JPG

不調の原因はマグネットクラッチの不良です。
P207AC_Compressor2020071122.JPG

P207AC_Compressor2020071123.JPG

P207AC_Compressor2020071124.JPG

コンプレッサーを交換して、エアコンの冷え方自体も良くなりました。

おしまい。

この記事へのコメント