カングーのワイパーブレードを交換しました。

カングーのワイパーブレードをフランスのバレオ社が製造、日本のカーメイトが販売していたフラットワイパーブレードに交換しました。

KangooWiperblade20210124001.JPG

カングーのワイパーブレードは2020年3月に交換しましたが、ガラス面積に対して若干拭き取り面積が小さかったので、以前、MB ビアノに使っていたフラットワイパーブレードに交換しました。

交換前
KangooWiperblade20210124002.JPG

運転席側に使用した700mmのバレオ製フラットワイパーブレード(黄色枠)です。
KangooWiperblade20210124003.jpg

KangooWiperblade20210124004.JPG

KangooWiperblade20210124005.JPG

助手席側にはストックしていた新品の530mmのバレオ製フラットワイパーブレードを使いました。
画像右側のミシュラン製はリアワイパーに試着しました。
KangooWiperblade20210124006.JPG

細身のバレオ製フラットワイパーブレードに交換して、かなりすっきりしました。
KangooWiperblade20210124007.JPG

助手席側のワイパーアームの位置が高すぎて、運転席側ワイパーブレードと干渉しそうだったので、調整しました。
KangooWiperblade20210124008.JPG

KangooWiperblade20210124009.JPG

マスキングテープで既存の位置をマーキングしました。
KangooWiperblade20210124010.JPG

ナットは16mmです。
KangooWiperblade20210124011.JPG

KangooWiperblade20210124012.JPG

KangooWiperblade20210124013.JPG

KangooWiperblade20210124014.JPG

KangooWiperblade20210124015.JPG

ちなみに、フロントガラスの矢印の「耳マーク」は防音ガラスであることを表してます。
「//」は積層ガラスの意味ですが、カングーのガラスは5層フィルム構造だそうです。
KangooWiperblade20210124016.JPG

一段とすっきりしました。
運転席側ワイパーブレードを長くしたので、助手席側ワイパーアームを下げても拭き残しはありません。
KangooWiperblade20210124017.JPG

左斜めの視界も良くなりました。
KangooWiperblade20210124018.JPG

硬化してビビり音が出ていたリアワイパーブレードも交換しました。

ミシュラン製フラットワイパーブレードを試着してみました。
KangooWiperblade20210124019.JPG

拭き取りに問題はなかったのですが、
KangooWiperblade20210124020.JPG

見た目がごつかったので、V350で使っていたトーナメントタイプに交換しました。
KangooWiperblade20210124021.JPG

2021年1月24日、161435km走行時点での交換でした。
KangooWiperblade20210124022.JPG

おしまい。

この記事へのコメント