MB E320 CDIのDIYオイル交換~前編~

メルセデス・ベンツ E320 (W211) CDIのエンジンオイルをDIY交換しました。

画像


9Lの上抜き手動オイルチェンジャーも用意して・・・
画像


OM642 V型6気筒ターボディーゼルエンジン
画像


エンジンカバーを外した状態です。
カバーは上に持ち上げるだけで外れます。
画像


エンジンカバーの裏側です。挿し込む箇所が5箇所あります。
画像


エンジンを掛ける前にオイル量と状態を確認
画像


結局「下抜き」することにしました。
10分間ほどアイドリングしてオイルを温めました
画像


オイル注入口
画像


オイルフィルター
画像


中央部と後部のエンジンアンダーカバーを外します。
画像


画像


左からオイルフィルターカップレンチ(84mmX14角)、中央上がオイルフィルターエレメント(MANN HU821x、MB純正P/#6421800009)、中央下がMB純正ドレンプラグクラッシュガスケット(007603012102、内径12mm)、右がMB純正ドレンプラグ(0029973430、ソケットレンチサイズ13mm)です。
画像


13mmのソケットレンチでドレンプラグを緩めます。
画像


廃オイル受け皿を置いてドレンプラグをゆっくりと外します。
画像


画像


画像


オイルを抜いている間にドレンプラグをパーツクリーナースプレーできれいにしてワッシャーを交換しました。
画像


画像


オイルを抜いているのと並行してオイルフィルターの交換です。
画像


オイルフィルターカップレンチを使います。
画像


画像


カップからエレメントを外します。
画像


画像


画像


大小2個のオーリング(シール)を交換します。
ピックで古いオーリングを外します。
画像


画像


新品のオイルフィルターエレメントに同梱されている新しいオーリングを取り付けます。
画像


画像


画像


画像


オイルフィルターをエンジンに装着する際、大小オーリングにオイルを塗ります。
画像


画像


手で回る所まで装着
画像


レンチで締め、最終的にはトルクレンチで25Nmで締め込みます。
画像


画像


オイルを抜き始めて約30分後、オイルの垂れる間隔がポタッ・・・ポタッ・・・・ポタッ・・・・・となったところでドレンプラグを装着、指で締まる所まで回して、
画像


トルクレンチで30Nmで締め付けます。
画像


パーツクリーナーでドレン周りをきれいにしました。
画像


画像


『MB E320 CDIのDIYオイル交換~後編~』につづく

"MB E320 CDIのDIYオイル交換~前編~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント