テーマ:旧車

『第11回(2019年)門司港ネオクラシックカーフェスティバル』~後編~

『第11回(2019年)門司港ネオクラシックカーフェスティバル』~後編~は舶来車からです。 まずは“民生用NATO制式採用車両” と、そこに“縦目コンパク党(W115)”が通過! “四角いけど象印ランチじャー三角州” “埼玉県狭山郡本田村”にやって参りました。 “元祖 デートカー” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第11回(2019年)門司港ネオクラシックカーフェスティバル』~前編~

先週末(5月18日~19日)に福岡県太宰府市の太宰府天満宮、天開稲荷社、坂本八幡神社~北九州市の北九州空港島、門司港レトロ~山口県下関市の唐戸市場、赤間神宮を周って来ました。 2日目の5月19日(日曜日)、門司港レトロで開かれていた『第11回(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初代ホンダ・シビックに遭遇しました。 2019年4月22日

広島市内の国道54号線で初代ホンダ・シビック CVCCに遭遇しました。 1975年ごろの「51年排出ガス規制」に適合した1.5L CVCCエンジンを搭載したGTLです。 「広島 58」の“フルナン”付きで、封緘も細い旧タイプのものです。 バックミラーの鏡像です。 ホンダディーラーの前で ドラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「隣りの車が小さく見えま~す。」ダットサン B110 サニー

CMコピーが「隣りの車が小さく見えま~す。」でおなじみの1970年発売のB110型 ダットサン・サニーの初度ナンバー車に広島市内で遭遇しました。 B110型サニーの初期モノの1200 GLです。 ナンバープレートも初度登録からの物のようで、封緘も細い旧いタイプの物です。 「Spo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wonder Junk Car Yard ?!

先日(4月23日)、以前から気になっていた広島市安佐北区内にあるワンダー・(ジャンク)・カー・ヤードを見て来ました。 道路から一番目立つ所にフォルクスワーゲン・サファリ(orシングorトレッカー)とGMC・バンデューラ(GM シェビーバンのGMC版)のスクールバスがあります。 フォルクスワーゲン・サファリについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは珍しいクルマを見かけました。

きょうは(7月19日)今となっては珍しいクルマを見かけました。 いすゞ 117クーペ それも「広島 55」ナンバーです。 もう1台は、ユーノス・プレッソ(or オートザム AZ-3) こちらも「広島 53」ナンバーです。以前はよく見かけましたが・・・ おしまい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昭和のCarにばる2009」に行ってきました Finale

「昭和のCarにばる2009」リポート"Finale"です。 Finaleの1台目は“ヨタハチ”ことトヨタ「スポーツ800」です。 はるばる北海道からの参加(?)、「札幌」ナンバーです。 「パブリカ・スポーツ」として開発が進められたヨタハチですが、トヨタは現在、2年後の発売を目標に「iQ」ベースで“平成のヨタハチ”を開…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「昭和のCarにばる2009」に行ってきました #3

「昭和のCarにばる2009」リポート第3弾です。 前回の“荻窪系日産車”に続き、今回は本家本流の“追浜系日産車”です。 まずは、S310型「フェアレディ」です。 写真の2台は、2台とも左ハンドルですので、正確には左の白色がSPL310「DATSUN 1500」、右の赤色がSRL311「DATSUN 2000」になります。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「昭和のCarにばる2009」に行ってきました #2

「昭和のCarにばる2009」リポート続編です。 エントリー車のシェアは日産・プリンスがダントツ一番でした。 昭和、特に40年代の自動車メーカーの勢力図そのものかと思ったら、“ビッグ2”のもう一方のトヨタはそれ程でもなかったので、“アラフォー(昭和30~40年代)日産”の個性・耐久性・技術的先進性・部品供給の面の優位性の表れかと…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「昭和のCarにばる2009」に行ってきました #1

前回ご案内した「昭和のCarにばる2009」に行ってきました。 5月17日(日)、広島県廿日市市吉和の「もみのき森林公園」で今年初開催されたのですが、天気予報の降雨確率は当日が近づくにつれて上がるばかりでした。 迎えた当日、降雨確率100%どころか“強風雨”、体感的には降雨確率180%はいっていたような感覚です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more