夏タイヤに交換

画像
広島市内では本日「桜の満開宣言」が出されました。

ボルボスキーの「半袖初日」になった今日、初夏(ファットなボルボスキーにとっては夏本番)を思わせるような天気の中、スタッドレスタイヤから夏タイヤに交換しました。ふーッ

作業車両はV70、944と元4号機MB190Eの3台、さすがにバテバテですわ(瀬戸カトちゃん風に)。

交換作業は広島市内から片道1時間の田園地帯にあるストレージハウス(と言っても普通の農家の納屋)の横。日差しを遮るものがなく、「照り」を自家発生するボルボスキーはすっかり「照り焼き」状態になってしまいました。

途中のホームセンターで3,980円の「ワニ」(ガレージジャッキ)と1,980円の「ウマ」(リジットラック)を買って行ったのですが、たいして使い物にならず、結局は車載ジャッキを使用しました。

V70は車体中央にジャッキを掛けるのですが、同時に前後輪が持ち上がりますので前後輪同時に交換できます。944は当初「ワニ」を使ったのですが、3トンワニと言っても小柄なワニで、前輪を持ち上げるとワニの尻尾(後足)が浮き上がってちょっと怖い思いをしました。

MB190Eのジャッキは何とあのビルシュタイン製で、車体横の穴にかますのですが、動きの何とスムースなこと、「倒立ダンパーの技術は、あなたのビルシュタイン・ジャッキにも活かされています。」みたいなCMコピーが浮かびそうです。
ただ、190Eのサスペンションストロークが半端じゃなく、かなりハンドルを回さないとタイヤが浮き上がりませんでした。

その後、知り合いのGOLF4にETCを付けました。<詳細希望の方はご連絡下さい。

と言う訳で今日はほとんど245をいじる事ができませんでした。あしたは245いじろっと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック