240リヤゲートヒンジのハーネス断線

画像
昨日、240の左リヤゲートヒンジにあるハーネスが“ついに”断線しました。

240ワゴン“お約束”のトラブルです。
購入前のチェック時から断線するのは“時間の問題”と思ってましたが、グレー色の配線が切れました。黄色の配線も危ないです。
この影響で、ライセンスプレートランプが点かなくなりました。

このまま放置しては“整備不良”でキップを切られますので、今日早速Dラーに部品を発注してきました。
ボルボもこのハーネスを“消耗部品”と思っているのか、国内に在庫があるようです。

交換作業は、天井の内張りの最後部をはがし、リヤゲートを降ろさなければならない大掛かりなものですので、この際、未だ断線していない右側ハーネスと両側のヒンジ下にあるパッキンも新品に交換する事にしました。

240は製造終了後12年経ちますが、まだ部品は“普通”に供給されていて、ボルボの“良心”を感じます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック