ボルボXC70の左リアドア内張り交換

内側ドアオープナーにガタがあり内張りごと交換しました。

内張り自体に破れや浮きがあったわけではないのですが、
画像

内側ドアノブを操作するとノブのピンが抜けているようなガタがありドアノブを交換しようと思ったのですが、ドアノブだけを交換する事はできないと判明しましたので内張りごと交換しました。
画像


まず内張り下部周囲にあるプラグ6本を外します。
画像

プラグセンターにロックピンがありますので、細めのヘックス・ビットなどでピンを押し込みます。
画像

内張りはがしでプラグを抜きます。内張りはがしの支点に使わなくなったカードを挟んで下地が傷まないようにします。
ポイントカードなどの厚手のカードを工具箱に1枚入れておくといろいろ便利です。
画像

リアドア内張りのプラグにはカバーが付いていました。
画像


ドアグリップの化粧パネルを外し、トルクスビスを外します。
画像

画像


内張り全体を持ち上げ、パワーウインドウスイッチの配線を外します。
画像

ドアオープナーのワイヤーを外します。
引っ掛け部分を指で広げれば外れます。
画像

画像


内張り新旧比較です。
左が新、右が旧です。新と言っても中古品ですので、旧旧比較です。
画像

新は、2004年10月11日製造、
画像

旧は、2005年3月11日製造でした。
画像


パワーウインドウスイッチを下から抜いて移設します。
画像


パワーウインドウスイッチ配線を接続し、ワイヤーをドアノブ裏にカチンとはめ、ワイヤークリップに留め、内張りを元通りに装着して交換作業完了です。

不良品・良品比較です。
ドアノブのピン(矢印)が上方に抜けていました。
不良品裏側
画像

良品裏側
画像

車内側からも分かります。
不良品
画像

良品
画像


XC70もだいぶ仕上がってきました。完成までもうちょっとです。(まだあるんかい?!)

この記事へのコメント

DYNAUDIO
2010年05月30日 09:17
続きますねぇぇ~
たしかにXC70のドアの強度は私のV70の比ではないですね。
その分重量も含め内張りの中のピンやビスも強度が要求
されるんでしょうね。
私は内張りの”浮き””隙間”が少し気になりだしました。
今年の夏でさらに広がるのではと心配!!

昨日の芝刈り場”岩国センチュリーGC”!瀬戸内海を一望
出来るコースでなんと岩国基地も丸見え、、、クラブハウス
のテラスにちょっとした”展望所”がありパネルで説明がww
フレンドシップデーにはここの駐車場にギャラリーが集まり
航空機のショーを遠くから観戦するとからしいです。

~基地にめがけ”テイーショット!”気持ちよかった!
おやぢ
2010年05月31日 05:11
おはようございます。
ピン抜け防止のパーツが最初から付いてなかったか、運悪く外れちゃったかって感じでしょうかねぇ。どちらにしろ完全に嵌め殺しにされてるからバラすのも厳しいし。コストや作業効率、強度を考えればしょうがないんでしょうが、壊さないと分解できないのって嫌いです。(笑)
ボルボスキー
2010年05月31日 13:10
DYNAUDIOさん
> XC70のドアの強度は私のV70の比ではないですね。
ドアヒンジ取り付け部やドアキャッチャーの強度は感覚的にも上がっている感じです。

> 内張りの中のピンやビスも強度が要求される
内張りを留めるピン、プラグ、ファスナーの頭が内張りの表に出ているのは強度アップと組み立ての簡略化だと思います。
以前のように内張り裏側に隠れるようにプラグを付けようとすると、一つひとつステーが要りますが、内張りを貫通するプラグにすると下地全体に強度を持たせ穴を開けるだけで済みます。
プラグ自体も見栄えが良くなってますので、プラグの頭が見えても安普請には見えません。
取り外す時も確実にプラグが抜けますので内張りを壊す事がなくなって良くなったと思います。前は見当違いの所に内張りはがしを当てよく内張りを壊しました。

> 内張りの”浮き””隙間”が少し気になりだしました。
ボルボの95~00モデルのほとんどのドア内張りの“レザー(実はビニール)”は、浮いたりシワシワになったりしますね。新車保証で取り替えてもらってもまた浮いたりシワシワになりました。
870の布シートの内張りは浮かなかったので、ビニールが熱で縮むのでしょうね。

> 基地にめがけ”テイーショット!”気持ちよかった!
飛び過ぎて基地に命中でもしたら海兵隊出撃!しますので飛距離はほどほどに。(^_^;)
ボルボスキー
2010年05月31日 13:27
おやぢさん
> ピン抜け防止のパーツが最初から付いてなかったか
ピン自体にギザギザが入っていて抜けないようにしているみたいですが、打ち込みが弱かったみたいで運悪く抜けたみたいです。

> 完全に嵌め殺しにされてるからバラすのも厳しいし。
そうなんですよ。
ピンを押し込むには、ピンにリターンスプリングのテンションが掛かってますので装着状態のままではできないですし、ドアノブユニットを外してと考えてもユニットが溶着されていますのでそれもできないんです。

> 壊さないと分解できないのって嫌いです。
せめてタッピングビスで留めてあったら出来るんですけどね。
「あ~モッタイナイ!」
2010年06月01日 21:10
たぶん気のせいでしょうが。
一番最後の写真
革みたいにぼつぼつがありますね。
これ最初のころは細かく、深いのですが。
後の型になると、大きく浅くなっている気がするんです。
手触りも違う気が。
DYNAUDIO
2010年06月01日 23:23
ボルボスキーさん

最近思うことが、俗に言う”ボルボのボディ強度神話”はどこ
までホントなんでしょうね! 
無骨な四角いスタイリングでそういうイメージが出来あっがた
感もありますよね。捻り剛性、ドアの密閉・閉り具合感は、
ドイツ車にかなり遅れてると思いますが、、、、

ま、確かに「判りやすい剛性感」はドイツ車が上ですが、

でも不思議とドアを閉めると~なんともいえない安心感がある
のはボルボならではですね。 目指すところの違いかも???
おやぢ
2010年06月02日 14:28
DYNAUDIO さん
>俗に言う”ボルボのボディ強度神話”は
20年前ならトップクラスでしょうが、今はコンパティビリティー(衝突時の安全両立性)や環境性能を考慮して車作りしてるのでボルボだから、大きい車だから絶対に硬くて強いって言う事は無いですね。逆に今は大きい車は小さい車を守るために有る意味軟くて(衝撃吸収部分)小さい車の方が硬くて強くなってます。実際クラシックボルボと最新の小型車をクラッシュさせるとボルボは完全に負けます。

ドアの閉まり感や剛性感はある意味味付けなので好みになりますが、昔のボルボの’ガッチーン’って言う金庫閉める感じの音は好きです。新しいゴルフとかはトヨタチックなチューニングになってるので・・・(汗)私の親父の740が20年経ってもあのドアの閉まり感とボディー剛性をキープしてるのはすごいかと。

>なんともいえない安心感がある
高速を暴走する地球に優しい?プリ○スは良く見ますが、ボルボはめったに見たこと無いです。(笑)心理学的に究極のエコカーかも。(爆)
おやぢ
2010年06月02日 18:13
蛇足ですが。
今日ドライブシャフトブーツ交換の為に代車で日産のティーダに乗りましたが、速ぇ~。トゥーランと同じ感覚でアクセル踏むとぶっ飛びます。1500CCでこれだから欧州車は加速が悪いって言われるのが良く分かる。。。修理が終わってトゥーランに乗り換えてアクセルを同じ感覚で踏んだら進まないんです。駐車場でモタモタ(笑)ハンドリングは中間域が曖昧(わざと直進安定性を出そうとしてる感じ)で少し切ると妙にクイックに反応するし。
素が良いので勿体無い。ユーロチューンバージョンとか作ってくれれば良いのに~と思います。
DYNAUDIO
2010年06月02日 22:09
おやぢさん レスありがとうございます!

なんだか、大きい車が小さいクルマのために強度を柔軟にして
るのは腑に落ちません。大きいクルマこそより大きいものに
ぶつかる可能性もあるし速度も出ます。
やはり一定のサイズ、排気量に準じたボデイ強度が自然だと思う
のは”素人考え”でしょうか?
なんだか”友愛”に満ちたメーカーが右へならえで取り組んだ気が
しますwww。
友愛といえば、日本の政治はLO○PYからSLE○PYに変わりそう
ですね!
ボルボスキー
2010年06月02日 22:59
v740gleさん
> 一番最後の写真 革みたいにぼつぼつがありますね。
“シボ”ですね。
内張り中央部のシボは写真の通りで、その外縁はもう少し細かいシボになってます。
XC70専用のシートやドア内張りは、V70の物よりザックリしている感じです。

しかし、クルマの内張りは見栄えもそれなりに大切ですが、耐久性を重視してもらいたいです。
初代70(870)のレザーシート装着車のビニール貼りのドア内張りは、それこそ100%と言っても過言でないくらいどの870も内張りが大きく浮いてしまっています。
それが原因で870から降りた方も多いと思いますが、せめて低価格で対策部品を供給してもらいたいものです。
ボルボスキー
2010年06月02日 23:30
DYNAUDIOさん
> 俗に言う”ボルボのボディ強度神話”
“神話”も現代の基準に照らすと“都市伝説”レベルになるかもしれません。(ーー;)
“神話”だった頃も極端に言えば、その頃の国産車(日本車)がヘナヘナ過ぎたんだとも言えます。
逆に、西ドイツ車のボディ強度が他国車より突出していたとも言えます。
勿論、ボルボのボディ強度が数値的にも優れていたのは事実です。
が、“ボルボのボディ強度神話”が浸透した背景は、技術より“ボルボのマーケティングの妙”だったと思います。

> 不思議とドアを閉めると~なんともいえない安心感
これは“ボルボのデザインの妙”ですね。
ボルボスキー
2010年06月03日 00:01
おやぢさん
> クラシックボルボと最新の小型車をクラッシュさせると・・・
先日、ご紹介した『2009MYマリブ vs 1959MYベルエア』のように、
http://strangeblue.cocolog-nifty.com/15is/2009/09/post-cbbf.html
この点が、ネオクラボルボに乗り続けていく上で考えるところですね。

> 昔のボルボの’ガッチーン’って言う金庫閉める感じの音
ただ、これはどのメーカーにも言えますが、同じモデルでも“いい音出すクルマ”とそうでもないクルマがあったりしますね。

> チューニングになってるので・・・
国産車で最初に“ドア開閉音をデザイン”したのは、「スカイラインです。」とスカジャパのカタログで桜井眞一郎さんが語っていたような記憶があります。

> 高速を暴走する地球に優しい?プリ○スは良く見ますが
○には、昔なら“ン”が、今なら“ウ”が入るのでしょうね。
“ウ”の方のドライバー、運転が下手っぺで荒い人が多いですね。

> 心理学的に究極のエコカーかも。
“心理学的に究極のセーフティーカー”とも言えます。
ボルボスキー
2010年06月03日 00:13
おやぢさん
> トゥーランと同じ感覚でアクセル踏むとぶっ飛びます。
国産車は総じてアクセルペダルを軽く、ATトルコンのゲインを大きくして初動のレスポンスを良くするようなチューニングしてますね。
でも、“岩のようなアクセルペダル”に慣れた身体には“軽い・・・”に違和感を覚え、疲れてしまいます。

> ユーロチューンバージョンとか作ってくれれば良いのに
間もなく同じメーカーから“MADE IN THAILAND”が発売されますね。(^_^;)
ボルボスキー
2010年06月03日 00:24
DYNAUDIOさん
> 大きい車が小さいクルマのために強度を・・・
どの世界も“中間管理職”は大変だ~!

> 友愛といえば、
“友愛”嫌いじゃなかったのにな~
DI○TY諸共“自爆テロ”、残念!
“最高権力者”も大変だ~!
おやぢ
2010年06月03日 04:29
>“心理学的に究極のセーフティーカー”とも言えます。
入れたつもりが消えてました。補足ありがとうございます。(笑)

ポッポ君辞めちゃいましたが、演説は今までで一番良かったかと。(一部言葉尻や内容気になる所はありましたが)やれば出来る子なのにって。(爆)
俗に言う無党派ですが、小泉の息子が息巻いてるのだけは見てて腹が立つ。歳ですかね~
2010年06月03日 22:44
えっ、普通に走れますよボルボなら。
たぶんアクセルの踏む位置が離れていると思います。
NAしかわかりませんが。
先週もフォレスターと並んで走りましたから。
アクセル床まで踏みつけてタバコをもみ消すみたいにぐぐとやって、
ある程度スピードが出たら少し緩めさらに踏み込むと。
ほとんどの車小さくなります。
前を走っていた軽がどんどん大きくなり。
何故こんなところで止まると思ったら。
時速60キロ出ていたということも。
いちど試してみてください。
ターボは乗ったことないのでわかりませんが。
よく何故そんなにハンドルに近いといわれる位置に座っています。
DYNAUDIO
2010年06月03日 23:31
おやぢさん

そうですね、最後の演説はそれなりでしたが、全文をよーく
読んだら、なんだか”ぼくちゃん悪くないもんね”モードが
見え隠れした気がします。 
どこかの社説にいい記事ありました。
~もう政治は抽象的な形容詞で語るな!動詞で語れと~
ナルホド!
でも次のソーリは動詞で語る前に、イライラで爆発???

ボルボスキー
2010年06月03日 23:43
おやぢさん
> ポッポ君辞めちゃいましたが・・・
創業当初は“ベンチャーの寵児”と持てはやされた『株式会社小鳩』、倒産しましたね。
「ベンチャーキャピタルから多額の資金を得て、優れた商品を開発したが価格が開発当初に予定したものより高騰し全く市場に受け入れられず、販路が脆弱であった事もあり過剰在庫を抱えていたところに、経営陣の脱税が発覚、一気に信用不安を招き主力金融機関からの支援も打ち切られ資金繰りに窮し“二度目の不渡り”を出し倒産したもの。」って事でしょうか。
一言で言えばマーケティングの失敗です。
『参照点依存性』と言う用語が心理学にあります。
「人は一つの点を基準に、その一点からの上下で損得を判断する。」
“株式会社小鳩の失敗”はこれです。
充分なマーケティングをしない内に表明した予想販売価格があまりにも安過ぎました。消費者は大きな期待を持って発売を待ちました。ところが、実際の販売価格は既存商品と同じ、誰も株式会社小鳩の商品は買いません。

> 小泉の息子が息巻いてるのだけは見てて腹が立つ。
“劇場型政治屋”です。
オバ様たち、目を覚まして!
ボルボスキー
2010年06月04日 00:04
v740gleさん
> えっ、普通に走れますよボルボなら。
アクセルが“岩”なのは主に240の事です。
XC70ならシグナルグランプリで軽々トップに立てます。
国産の“王冠”などのアクセルは軽過ぎで、エンジンにトルクもあるので240のつもりで運転するとかえってギクシャクします。

> 時速60キロ出ていたということも。
先日の『トップギア』で、ベイロンで407km/h出した後「さて、クルマから降りようかと思ったら、まだ70km/hで走ってた。」って言ってました。(^_^;)
ボルボスキー
2010年06月04日 00:13
DYNAUDIOさん
> 最後の演説はそれなりでしたが・・・
もっとストレートに話して欲しかったです。叙情的過ぎました。
それと、国民に対するお詫びが少なかった、と思います。

> ~もう政治は抽象的な形容詞で語るな!動詞で語れと~
あ、これ、中曽根康弘翁の言葉ね。

> でも次のソーリは動詞で語る前に、イライラで爆発???
いやいや、一度お遍路さんに出てますから大丈夫でしょう。(^_^;)
DYNAUDIO
2010年06月04日 22:08
ボルボスキーさん

確かにお遍路さんやったのなら、弘法大師並みの大らかさを持って
ほしいもの。 経歴がぁぁ、、、、、AKBと同じにおいがぁwww
プロ市民系はどうも好きになれません。
どうしても「カタカナ」を使ったプラカードを持ってデモ行進の姿
がダブって、、、、見えます。
ネト○ヨが生息する2○hで猛攻撃の悪寒が、、、します。

しかしなんと言っても山口県!!!9人目の総理大臣を輩出!
たかが140万の人口なのに、、長州藩 恐るべし!!!
ボルボスキー
2010年06月05日 01:23
DYNAUDIOさん
> 大らかさを持ってほしいもの。
彼の短腹さは世界的に有名みたいですね。
でも、Dirty broker(breaker?)の顔を見る回数が減りそうで、それだけでも良かったです。

> 山口県!!!9人目の総理大臣を輩出!
男女共山口県人は賢人ですね。
2010年06月14日 00:09
政治の世界ですか、私たちのわからないこと平気で行われています。
はめられたら最後普通は、終わりですが。
小沢さんはすごいですね、
叔父さんも同級生のどちらの県議も見事にはめられました。
検察・警察どこが法律の番人ただの、知事や国会議員の御用聞きジャン、
おじさん元国会議員が知事選出馬に党内で反発
元国会議員が知事に当選後なんだかんだで重箱の隅つつかれ逮捕
同級生と時は国会議員のせがれが出馬同級生が選挙違反ということで、やり直し選挙。出馬者激減。しかし敗れる。
同級生選管に違反にならないか問い合わせてOKなのに違反。
たまたま、知り合いにこんな事があったので。
それを、見事にかわす小沢さんはすごい。
あれだけのことをして、起訴できない検察の担当者はどこに飛ばされるか。
小沢さんのことだからそれなりの対応をすることでしょう。
yossypowers
2011年11月12日 09:17
はじめまして。V70 2002年に乗っております。
私もフロントドアが同じ症状になっており、
WEBを探索しててこのページに辿り着きました。

ピンは外せたのですが、フレームのネジの場所が分からず
まだ内張りを外せずに苦労しております。泣

yossypowers
2011年11月12日 13:54
フロントドアのネジはアームの中にありました。
お陰さまでドア開閉部修理完了です。
大変参考になりました。ありがとうございました。
ボルボスキー
2011年11月13日 01:06
yossypowersさん、はじめまして
すみません、気が付くのが遅くなってお役に立てなかったみたいですね。(^_^;)
今回に懲りずにたまに覗きに来てくださいね。
今後ともよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック