メルセデス・ベンツ日本からリコールの予告通知が届きました。

この度、メルセデス・ベンツ日本株式会社(MBJ)から『リコールについてのお知らせ』が届きました。

画像


我が家で該当するのは、W639のV350Longです。
リコール箇所は、タカタ製のエアバッグ・インフレータです。

ただ、対策品の準備が整っておらず、実際にリコール対策作業を施工するのはまだ先の事です。

その際、運転席エアバックユニット(Assy.)の交換になるのか、インフレータだけの交換なのか判然としません。
ただ、表題の下には「エアバッグの無償交換に向けた事前のご案内」となっていますから、エアバッグAssy.の交換なのかもしれません。
画像


タカタの存亡を揺るがすインフレータのリコール問題が、まさか我が家にも関係してくるとは驚きました。
しかし、正直な話、エアバッグが新調されるなら私にとっては嬉しい事です。

また動きがありましたら続報します。

この記事へのコメント

パグビア
2016年07月20日 07:50
MBJの文章ではエアバックユニット交換と書いてありますね。
今後もまだタカタ製エアバック問題でてくるんでしょうね。
ボルボスキー
2016年07月20日 13:22
パグビアさん
W639でもパグビアさんのは該当しないのでしょうかね。
きょう辺り封書が届いているかもしれませんね。

> 今後もまだタカタ製エアバック問題でてくるんでしょうね。
W211はどうなんでしょうね。
パグビア
2016年07月21日 22:09
先程調べたらビアノは3台だけ対象らしいです。

今のとこw211は対象ではないみたいですが・・・
ボルボスキー
2016年07月21日 23:43
パグビアさん
> 先程調べたらビアノは3台だけ対象らしいです。
そのようですね。
車体の生産時期によってインフレータも違うのですね。

> 今のとこw211は対象ではないみたいですが・・・
ある意味、残念。(^_^;)

この記事へのトラックバック