メルセデス・ベンツV350のバッテリーを交換しました。

2年前の車検の時から指摘を受けていたのですが、7月21日にようやく交換しました。

画像


130395km走行時の交換です。
画像


使用したバッテリーは2013年9月に一度ビアノに搭載し、2014年3月にビアノを下取りに出す際に降ろしたバッテリーです。

前夜から翌朝に掛けて補充電してフル充電になり、電圧は12.87Vありました。
画像


交換日と走行距離のテプラを貼りました。
画像


VARTAのAGMバッテリーです。バッテリーの詳細は上記『使用したバッテリーは2013年9月に一度ビアノに搭載』をクリックしてください。
画像


バッテリーを降ろす前に、エンジンルームのヒューズ&リレーボックス内にある給電端子にバックアップバッテリーをつなぎました。
画像

プラスは赤いキャップが被さった端子に、
画像

マイナスはフェンダー内側の端子にブースターケーブルを接続します。
画像

画像

バックアップバッテリーは80%まで補充電して12.45Vありました。
画像

画像


バッテリーは助手席シート下に搭載されています。側面のカバーを外すとバッテリーが現れます。
画像

画像


ベントチューブとマイナスケーブル、バッテリー固定ブラケットを外し、バッテリーを引っ張り出します。
画像

画像


マイナス端子には硫酸鉛の結晶が生成されていました。
画像


プラス端子はきれいでした。
画像


バックアップバッテリーを接続しているので、プラス端子にはショート防止用にゴム手袋を被せました。
画像


搭載されていたバッテリーは、組み立て工場でライン装着されたVARTA製のバッテリーでした。
整備記録簿を見てもバッテリー交換歴はありません。
それが事実なら2007年6月の初度登録から9年1ヶ月(組み立てはそれ以前)、130395kmももった事になります。
驚異的な耐久力です。
画像

画像

画像

電圧は12.51Vでしたので、さすがに弱っていたようです。
画像


バッテリー液による腐食を防止するスプレー「NCP-2」で端子をクリーニングしました。
画像

画像

画像


チューブを挿し込まないベントホールに電極カバーに付属しているプラグを挿し込みます。
画像


ターミナル腐食防止にターミナルプロテクターを装着します。
画像

画像


バッテリー収納スペースもきれいにしました。
画像


バッテリーを取り出しやすくするため梱包用のPPバンドを巻きました。

プラス端子を接続し、端子カバーを装着します。
画像


プラスケーブルの取り回しに注意しながらバッテリーを半分程度押し込みます。
マイナス端子にケーブルを取り付けます。
画像

バッテリーを奥まで押し込み、ベントチューブを挿し込みます。
画像


マイナスケーブルを車体の端子に接続します。バックアップバッテリーを外します。
画像


固定用ブラケットを取り付け、交換作業完了です。
画像


今回はバックアップバッテリーを接続したので、交換作業後のラジオのプリセット設定やワンタッチパワーウインドウの機能回復などの操作は不要でした。

おしまい。

この記事へのコメント

パグビア
2016年07月22日 13:59
バッテリー交換ご苦労様でしたm(__)m
自分も昨年突如エンジンがかからなくなりバッテリー交換しましたが、あの大きさだけに結構重量ありますよね。廃バッテリーはステップワゴンの修理の時に無料で持って行ってもらいました。
ボルボスキー
2016年07月23日 01:38
パグビアさん
> あの大きさだけに結構重量ありますよね。
質量26.4kgだそうです。腰サポートベルトをして作業しました。
腰サポートベルト、いいですよ。力が出ますし、作業後の疲労感が軽減できます。

> 無料で持って行ってもらいました。
もう1個廃バッテリーがあるので、青崎の金属屋さんに持って行こうと思います。
とし
2017年12月12日 10:32
大変参考になりました。
H25年式のW639を所有しているのですが、今搭載されているバッテリーを見ても、AGMかそうでないかがよくわからないのですが、どちらになるのでしょうか。
お忙しいところ申し訳ございませんが、ご教示お願致します。
ボルボスキー改めボンボンです。
2017年12月12日 23:33
としさん、こんにちは!
AGMバッテリーの場合はバッテリーの製品ラベルに「AGM TECHNOLOGY」と表示されているはずです。
Vクラスの組み立て工場で搭載されたバッテリーはたぶん電解液がそのままバッテリーに注入された通常バッテリーだと思います。

AGMバッテリーは電解液をガラスマットに吸収させ密封しています。そのためバッテリーの縦置き、横置きの搭載方法に制約がありません。バッテリー液が蒸発しませんので電解液の補充の必要がありません。
AGMバッテリーは放電力の増大(始動性の向上)や長寿命、幅広い温度特性があり従来のバッテリーに比べ性能や使い勝手を大幅に向上させたバッテリーです。

ただ、Vクラスに搭載するのであればバッテリー容量やCCA性能を確保していれば通常バッテリーでもまったく問題ないと思います。

この記事へのトラックバック