BMW 218dをウインタータイヤに交換しました。

きのう(12月16日)、義妹のBMW 218d アクティブツアラーのタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました。

画像


交換前の夏タイヤ装着時の状態
画像


画像


純正ホイールはPCD5x112、ハブ径66.6mm、7Jx16 ET52です。
ホイールボルトはM14xピッチ1.25、ボルトヘッド17mmです。
画像


夏タイヤは★(スター)マークのBMW承認タイヤのContinental ContiPremiumContact 5 SSR RSC(ランフラット・システム・コンポーネント)です。
画像

画像


タイヤサイズ205/60R16 92Vです。
画像


ウインタータイヤに交換時の走行距離は4010kmでした。
画像


作業前に取説でジャッキアップポイントとホイールボルトの締め付けトルクを確認しました。
画像

締め付けトルクは140Nmです。
画像


ウインタータイヤ&ホイールセットは218d受領前に調達しました。

ホイールはBORBET type-F PCD5x112、ハブ径72.5mm(付属専用ハブリング使用で66.6mmにリサイズ)、7Jx17 ET48です。
専用ホイールボルトも付属していましたが、長さやテーパー角度も純正ボルトと同一でした。
画像


スタッドレスタイヤはBRIDGESTONE BLIZZAK VRXの205/55R17 91Qです。
ウインタータイヤなのにサマータイヤから1インチアップです。
画像

3715なので2015年37週(9月6日~12日)製造です。
画像


左前輪から交換作業開始です。ところが、この辺りから冷たい雨がポツリポツリと降り始めました。
画像


続いて左後輪、急いで作業したためハブリング装着の画像がありません。(^_^;)
画像


右側の作業に入る頃には雨が本降りになり、それがみぞれになり・・・作業中の画像がありません。

交換作業が終わり、濡れたジャッキや工具の水気を拭いてしまったあとの完成画像です。
ブラックホイールでファミリーカーからチョイ悪グルマになりました。
画像


ホイールが4mm外に出たためツライチっぽくなりました。
画像


空気圧調整のためにガソリンスタンドへ
画像


空気圧調整の前に軽油を給油しました。
画像

画像

画像


スタッドレスタイヤには窒素が充填されていましたが普通の空気で前後輪とも2.6bar(260kPa)に調整しました。
おっと、タイヤ空気圧警告システムをリセットするのを忘れていました。次回リセットします。
画像


おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック