メルセデス・ベンツ Eクラスの一部改良とVクラスのカタログ落ち

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツ「Eクラス」に、V6 エンジンの最高出力を向上した「E 450 4MATIC」を導入するとともに、一部モデルの装備内容、デザインを変更しました。

画像


詳しくはココをクリック

もう一つ気になるのが、V-Class(Vクラス)が現在、メルセデス・ベンツ日本のウェブサイトからドロップしている事です。
ヤナセの営業担当者も「現在、Vクラスの工場出荷はストップしていて、新車のオーダーが出来ない状態です。最近、2列目・3列目シートのリクライニング角度が深くなる変更を受けたばかりですが・・・」と話されていました。
画像


詳しくはココをクリック

これは噂されているビッグマイナーチェンジ版の発表・発売が近いということでしょうか!?

おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック