MB V220のドライブレコーダーを2カメに換装しました。~前編~

V220のドライブレコーダーを2カメラ(前後カメラ)のタイプに換装しました。

画像


V220にもE320に使用したYupiteru DRY-TW9100dを装着しました。
画像


画像


今まではV220受領前に装着してもらったYupiteru DRY-ST7000cを使っていました。
画像


画像


ただ、装着位置が高く、一部ワイパー非払拭域にかかり降雨時は映像にフロントガラスの水滴が写っていました。
画像


V220に装着するに当たり、オプションの9mリアカメラケーブル(ドラレコキットに付属しているのは6mケーブル)も購入しました。
画像


まずはリアカメラケーブルの取り回しとリアカメラの設置です。

リアワイパーはボルボ850エステートやV70のように払拭範囲が広いです。
画像


ケーブルをDピラーから床面左側トリムパネル内を通し、前方に這わします。

Dピラー上部トリムパネルを外します。
「AIRBAG」のフタをめくり、トルクスビスを外します。
画像


トリムパネルは下側からめくります。
画像


リアエアコンの送風ダクトが変形していたので直しました。
画像


Dピラー中間トリムパネルを浮かすためにビスを外します。
画像


カバーを外して、ビスを外します。
画像


ケーブルをガラスハッチからリアゲート内を通して車内に引き込もうと思い、ガラスハッチのトリムカバーと防水チューブを外し、通線ワイヤーを使って通線を試みたのですがガラスハッチ内を通すのは難しく、このプランは諦めました。
画像


結局、ケーブルはウエザーストリップ内側からDピラーまで通し、通線ワイヤーを使って床面まで下ろしました。
画像


リアカメラの固定です。
ナイロン糸とマスキングテープを使ってガラスの水平とセンター位置をマーキングしました。
画像


画像


ケーブルを左側パネル下部に通し、スライドドアステップ後方まで引きました。
画像


金属製クリップで固定されているステップカバーを上方に持ち上げ外します。
ELサイン用のコネクターを抜きます。
画像


助手席シート下方側面のパネルを外します。
パネル上部を手前に引きます。
画像


助手席ステップカバーを外します。
画像


助手席足元のサイドパネルを外します。
画像


画像


ステップカバー前方から持ち上げます。
ELサイン用のコネクターを抜きます。
画像


Bピラー下部のトリムカバーを上方に引っ張って外します。
画像


画像


シートベルトアンカーのトルクスボルトを外します。
画像


トルクスボルト4本を外し、ステップカバー下の金属プレートをずらし、ケーブルを這わします。
画像


画像


画像


ケーブルをBピラー内側~助手席ステップサイドを通し、助手席足元まで引きます。


ところが、このあと我々(って、ボンボン一人だけど)は衝撃の事実を知ることになる!







な、なんと、ここにきて、9mのリアカメラケーブルがフロントカメラまで届かないことが判明したのだった。

“衝撃”の続きは後編に・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック