MB E220d、DRL 100%点灯コーディングをしました。

V220dに続き、E220dもデイタイム・ランニング・ライト(Daytime Running Light、以下DRL)100%点灯コーディングをしました。

E220DRL01.JPG

V220dは昨年9月に、DRL点灯有効&ナビ(TV)の走行中操作有効コーディングをしました。
E220DRL02.JPG

E220dは元々エンジン始動と同時にスモールランプとテールランプ、ナンバー灯が自動的に点灯し疑似的ではありますがDRL機能はありました。
E220DRL03.JPG

E220DRL04.JPG

E220DRL05.JPG

この時、インパネのスモールランプのインジケーターも点灯しました。
E220DRL06.JPG

コマンドシステムにも「デイタイムライト」のON/OFFがありました。
E220DRL07.JPG

E220DRL08.JPG

E220DRL09.JPG

E220DRL10.JPG

新型Aクラス以降、モデルチェンジやマイナーチェンジ、ランニングチェンジされたモデルは初めからDRL 100%点灯の設定がされています。

W213 Eクラスも2018年12月以降に初度登録された“前期モデルの後期バージョン”からはDRL 100%点灯の設定がされています。

ボンボンのEクラスは2018年11月初度登録の“前期モデルの中期バージョン”のためDRL 100%点灯の設定はされておらず、ディーラーでのコーディングも出来ないそうです。

そこで、「Autofit Japan 欧州車用 OBD コーディングユニット」を使ってDRL 100%点灯のコーディングを行いました。
amazonで12,019円(10%消費税込み、配送料無料)で購入しました。
E220DRL11.JPG

ユニット本体、接続ケーブル、説明書のセットです。
E220DRL12.JPG

DIPスイッチをDRL ONに設定
E220DRL13.JPG

説明書の通り施工しました。

OBDポートはアクセルペダルの上にあります。
E220DRL14.JPG

E220DRL15.JPG

6月13日(土曜日)に施工したのですがコーディング完了まで進まず、その後、2日間雨だったため、晴れた15日(月曜日)に再施工しました。

15日も1回目はうまくいかず、2回目でコーディング完了になりました。
E220DRL16.JPG

DRL 100%点灯
E220DRL17.JPG

DRLを100%点灯にコーディングした後は、DRL点灯時、テールランプやナンバー灯、インパネのスモールランプのインジケーターは点灯しません。
E220DRL18.JPG

E220DRL19.JPG

E220DRL20.JPG

2020年6月15日、18118km走行時点でDRLの100%点灯コーディングを行いました。
E220DRL23.JPG

ウインカー点滅時、点滅している側だけストックの輝度に減光します。
E220DRL21.JPG

スモールランプやヘッドライトを点灯するとシグネチャーランプ(DRL)はストックの輝度に減光します。
E220DRL22.JPG

メルセデス・ベンツ MERCEDES-BENZ W213 Eクラス デイタイムライト DRL


おしまい。

この記事へのコメント